オフィシャルブログ

カメラのストロボカバーを大・小2サイズで製作

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

ストロボカバー

 

杉原産業では、趣味用品に取り付ける様々なパーツの製作を手がけてきました。

 

当たり前ですが、依頼されるパーツの材質や形状、寸法は千差万別で、中にはとても繊細な加工が必要な難しいパーツもあります。

 

そのうちの1つがカメラのパーツです。

 

カメラネジやカメラスタンドなどもそうなのですが、趣味用品に取り付けて日常的に使われるパーツは、長く愛用してもらえるように(壊れにくいように)、細部まで試行錯誤を重ねて作られます。

 

今回の記事では、先日依頼があった、カメラのストロボカバーの製作について、取り上げていきます。

 

大小2サイズのカメラストロボカバーを緻密に製作

 

ストロボキャップ

 

上の写真が、今回当社で製作したカメラのストロボカバー(2種類)です。

 

各ストロボカバーの直径は約1cmで、高さが異なります。

 

今回製作するストロボカバーについては、お客様より「こんな感じのストロボカバーを製作してほしい」と、PDF図面で詳しく指示をいただきました。

 

 

ストロボキャップ

お客様のイメージ通りのストロボカバーを製作するのは、一筋縄ではいかず、何度も試行錯誤を繰り返しました。

 

ストロボカバーを外す際のツマミにあたる波形の部分も加工が細かいですし、カメラのストロボに向く方のネジ部分も、難易度が高かったです。

 

これまでの金属加工・製作経験を活かし、何とか写真のように納得行く仕上がりのストロボカバーが完成しました。

 

カメラのストロボカバーをオリジナル製作するなら、杉原産業にご相談ください

 

ストロボカバー

 

以上、杉原産業が製作した、カメラのストロボカバーを紹介しました。

 

カメラが好きな方に、きっと長く愛用していただける、高品質なカメラのストロボカバーに仕上げるため、何度も試行錯誤を繰り返した甲斐があって、お客様はストロボカバーの完成品を、大変気に入ってくださいました。

 

  • ・最後の1個のパーツの予備を作っておきたい!
  • ・完全にオリジナルのパーツを作りたい!
  • ・メーカーが倒産してしまって愛用してしまって修理を頼めない!

 

上記のような希望やお悩みがありましたら、ぜひ杉原産業にご相談をいただければと思います。

 

「どんな素材で作ればいいのか?」あるいは、「用途は分かっているけど、最適な形状が分からない」など、製作に関して分からないことがあっても、大丈夫です。

 

ご予算に応じた最適な提案をさせていただくよう、尽力いたします!

 

また、ロット数は多くても少なくても大丈夫です。

 

ロット数が少なすぎて、他社さんに断られたという場合でも、当社「杉原産業」ならお力になれるかもしれませんので、製作を諦める前に1度ご相談ください。

 

ちなみに、以前杉原産業が製作したカメラのパーツには、カメラネジもあります。気になる方は、以下リンクからご確認ください。

⇒ 新しいカメラネジを切ってカメラスタンドを改良

 

カメラのパーツ(ストロボカバー)を製作するなら杉原産業まで!