オフィシャルブログ

使いやすいオリジナル工具の加工・製作事例~ペンチとカッター~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

アクセサリー用 工具

 

常日ごろ杉原産業は、“あらゆる部品の製作・加工が得意ですよ!”と言わせていただいております。

 

もちろんそれは全くその通りなのですが、杉原産業が得意なのはなにも「出来あがった部品」作りだけではありません。

 

ある目的に使うために、使いやすさを追求したオリジナル工具の加工・製作も得意としているのです。

 

例えば何か工作をされている時、「このペンチ、もう少し先が曲がっていればいいのにな~」と感じたことはありませんか?

 

当社では、お客様の“ここがもうちょっと、こうだったらいいのにな!”を叶えるオリジナル工具の加工・製作を何度か引き受けています。

 

工作を趣味にされている方のためにも、仕事にされている方のためも、とにかく使いやすい工具を提供できたと思います!

以下では、そんなオリジナル工具の加工・製作事例をいくつかピックアップしています。

 

  • ・とても小さい丸カンを開くためのオリジナルペンチ
  • ・留め金具をギュッと締めるためのオリジナルペンチ
  • ・硬くて熱に強いタングステン製の業務用カッター

 

とても小さい丸カンを開くためのオリジナルペンチ

 

先曲がり ペンチ

 

写真は、市販のペンチを使いやすいように加工するご依頼をいただいた時のものです。

ご依頼をくださったのはあるアクセサリー業者様で、「とても小さい丸カンを開いたり、閉じたりするための工具がほしい」と仰られていました。

 

お客様が開閉したいという丸カンはとても直径が小さいもので、市販されているペンチでは対応できなかったのです。

 

1から作るのは大変なので、使い慣れている市販のペンチをお送りいただき、杉原産業で加工を行わせていただくことになりました。

 

写真でもお分かりいただけるかと思いますが、ペンチの先の方を細くとがらせて、キュッと内側に曲げています。

 

ペンチの先の方で極小の丸カンパーツをつまみ、広げたり閉じたりしやすくするための工夫です。

 

お借りした丸カンの大きさを参考にし、職人が手作業で曲げの角度などを調整し、1番扱いやすい形で仕上げました。

 

これまでは時間がかかっていた丸カンの開閉作業がスピードアップするかもしれない、ハンドメイド工具です。

 

留め金具をギュッと締めるためのオリジナルペンチ

 

ペンチ くぼみ

 

こちらも、お客様が使われていた市販のペンチを加工して、使いやすく仕上げたものです。

通常お店で見かけるペンチよりも、内側が大きくくぼんでいるのが、お分かりいただけるでしょうか?これは杉原産業が切削加工した部分です。

 

なぜ、こんな風に大きなくぼみがあるオリジナルペンチを作ったのかというと、ペンチとしても使えながら、紐留めなどによく見られる留め金具をギュッと締められるようにするためです。

 

くぼみの直径の範囲内であれば、どんな太さの留め金具でも締められますし、力を込めやすいので、本当にしっかり締まります。

 

当たり前のことですが、留め金具はしっかりと留められなくては、留め金具としての役割を果たせません。締め方が甘いと、不良品になることだって十分にあり得ます。

 

使いやすい工具を扱うことは、作業のスピードアップだけではなく、作るものの品質アップにもつながります

 

手持ちのペンチ類がイマイチ使いづらく、お店でもしっくりくるものが見つからなければ、ペンチ自体を加工することで、大きく状況が改善されるかもしれません。

 

<詳細>

→ アクセサリー用の工具を加工してオリジナル工具を8個製作

 

硬くて熱に強いタングステン製の業務用カッター

 

カッターアップ

 

これまで杉原産業がいただいた中で、比較的高難易度の依頼です。

お客様から「高純度(99%以上)のタングステンを使って、丈夫な業務用カッターを製作してほしいです」とご要望がありました。

 

このタングステンという素材は、高密度で非常に硬く、重く、熱にも強いという特徴があります。

そのため、今回のように業務用の工具の素材にするには適した素材なのですが、「硬い・重い・熱に強い」という特性上、加工がものすごく難しいのです。

 

そのため、当社までご依頼をいただいたとき、お客様は「他にも様々な会社にお願いしてみましたが、全部断られてしまいました……」と言われていました。

 

タングステンを扱いなれていない製作・加工会社では匙を投げられてしまうくらいに、技術力が必要なのです。

 

実際、当社でタングステンを業務用カッターにするための加工をしたときも、試行錯誤の繰り返しでした。

 

厚み1ミリの冷間圧延鋼板の中にタングステンの刃を入れられるように調整するのも、タングステンの先端を鋭利に尖らせるのも、とても繊細な作業が要求されました。

しかし、無事に理想的なタングステン製の業務用カッターが完成!

 

折れにくくて硬く、熱にも強い、”万能”な業務用カッターは、そうそうお店では見かけないものです。

お客様にも大変ご満足いただけたことを覚えています。

 

<詳細>

→ 難削材(高純度のタングステン)を加工して業務用カッターの製作

 

目的に特化させて加工したオリジナル工具はとても使いやすい!

以上、杉原産業が加工・製作したオリジナル工具(ペンチやカッターなど)の紹介でした。

 

「そもそも、既存の道具を加工してくれるのか!」ということを初めて知った方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

当社はゼロから部品を製作するだけでなく、既存の部品に合わせた加工をすることも得意なのです。

 

一般的に売られている工具は、どちらかというと万人が、色んな目的で使えるように作られているので、工作を趣味や仕事にする方は”かゆいところに手が届かない”と思うこともあるでしょう。

 

  • ・このペンチ、手になじみはいいけど、もう少し先端が細かったらなぁ……
  • ・カッターが直ぐにダメになってしまう、もっと丈夫な物はないかなぁ……

 

などとお悩みでしたら、ぜひあなただけのオリジナル工具の加工を検討してみてください!

工具を使う目的を明確にして、その目的に特化したオリジナルの工具があると、作業がかなりはかどります。

 

「こんな加工はさすがに無理かも……」と思うようなことでも、はじめから突っぱねることはせず、まずは”加工できる方法はないか”探すところから始めさせていただきます。

 

ですからお気軽に、杉原産業までお問い合わせください!

→ 杉原産業の取り扱い製品の例はこちらから