オフィシャルブログ

オリジナルアクセサリーチャームの加工実績 ~星型・イニシャルなど~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

スターチャーム 加工

これまで杉原産業では、アパレルメーカーをはじめ、個人での販売を行っているお客様から、様々な形・素材・数量のアクセサリーパーツの製作依頼を受けてきました。

 

特に、ネックレスやブレスレットなど、使用用途が幅広いアクセサリーチャームの人気が強く、定番の形のチャームはもちろん、ちょっと変わったチャームまで、幅広く加工を手がけてきました。

 

アクセサリーチャームは基本的にかなり小さいので、繊細な加工技術が求められ、お客様にご満足いただける出来のチャームを製作するには、職人の熟練した技術が不可欠です。

 

今記事では、これまで杉原産業が加工を行ってきた、様々な形のオリジナルアクセサリーチャームを紹介いたします。

 

加工事例1.光沢感の違いを出した星型アクセサリーチャーム

スターチャーム 加工

アクセサリーチャームとしては定番の、星型アクセサリーチャームの製作実績です。

特に図面はなく、「小さく、薄く作ってほしいです!」と言われました。

オリジナル星型アクセサリーチャームは、全部で4パターン加工しました。

 

  • ・上下穴付き、光沢あり
  • ・上だけ穴付き、光沢あり
  • ・上下穴付き、光沢なし
  • ・上だけ穴付き、光沢なし

 

アクセサリーの種類によっては、ピカピカのチャームが似合う場合もありますし、砂で光沢を消したチャームが似合う場合もあります。

 

そのため、用途の幅が広がるように、光沢あり・光沢なし2種類のアクセサリーチャームを加工したのです。

 

穴の数を2種類でお作りしたのも、アクセサリーチャームの使用の幅が広がるようにという工夫です。

 

星型は簡単なように見えて、形が少しでも歪になると途端にカッコ悪くなってしまいますし、チャーム自体が小さい分、穴をキレイに開けることにもノウハウが必要です。

 

お客様には、「想像していたよりも良い仕上がりのアクセサリーチャームですね!」とお褒めの言葉をいただきました。

→ 小さくて薄い4mmのスターチャームの製作

 

加工事例2.様々なポージングの人型アクセサリーチャーム

ポールガールチャーム4種類

「平面的な図面しか描けないのですが、人型のアクセサリーチャームを作ってもらうことはできますか?」とお問い合わせがあった事例です。

試作を経た完成品は、メッキ加工をほどこし、高級感を出しました。

 

チャーム全体をぷくっと立体的にみせることや、それぞれのポージング、女の子のヒールまで細かく加工することにこだわり、このオリジナルアクセサリーチャーム1つつけるだけで、存在感のあるアクセサリーになることをイメージしました。

 

実際に、この人型アクセサリーチャームは、イヤリングとして販売されました。

→ ペンダントトップにもなる真鍮の人型アクセサリーチャームを製作

 

加工事例3.アンティーク調のアクセサリーチャーム

アンティーク チャーム

オリジナルアクセサリーチャームを加工した事例です。

アクセサリーチャームと言うと、ゴールドやシルバーをイメージされる方も多いと思いますが、その限りではありません。

 

ブロンズ(銅)カラーのアクセサリーチャームは、アンティーク調の、ちょっと大人っぽいアクセサリーを製作することに適しています。

ブロンズカラーは、ゴールドやシルバーでは出すことのできない渋みが出せることがメリットです。

 

これらのオリジナルアクセサリーチャームは、ロストワックス製法で製作され、それぞれ滑らかでキレイな仕上がりになりました。

 

納期は1週間と短かったのですが、納品後「緻密なデザインのアンティーク調アクセサリーチャームが出来るなんてスゴイですね!」と、お客様に大変喜んでいただくことができました。

 

同じお客様から、ゴールドカラーやシルバーカラーのオリジナルアクセサリーチャームのご依頼もいただいております。

→ オリジナルアクセサリーパーツの製作~大阪のメーカー様からのご依頼~

 

加工事例4.文字のバランスにこだわったイニシャルアクセサリーチャーム

イニシャルチャームパーツ

星やハートと同じくらい、メジャーな形のアクセサリーチャームと言えるのがイニシャルチャームです。

 

個人でアクセサリーの製作を行っておられるお客様から、「1個からでもオリジナルアクセサリーチャームを作っていただくことはできますか?」とお問い合わせがあったのがきっかけでした。

 

お客様がオーダーされたのは、イニシャルが4個つながったアクセサリーチャームです。

そして、特にお客様がこだわられていたのは、イニシャルのバランスです。

 

イニシャルの微妙なバランスを再現するために、ロストワックス製法を行う必要があり、ロウで原型を作ったら、お客様に確認してもらい、細かくデザインの改善を繰り返していきました。

 

また、肌に身につけるアクセサリーチャームは、メッキ加工がはがれやすいので、ミクロンメッキというメッキの厚付けを行いました。

 

通常のメッキよりもはがれにくいので、見た目のキレイさが長持ちし、長く愛用してもらえるアクセサリーを作ることができます。

 

結果的に、お客様が特にこだわられていたイニシャルのバランスについても、「とてもいい出来になりました!」とご満足いただくことができました。

→ 1個からでも製作可能!イニシャルチャームパーツ

 

オリジナルアクセサリーチャームの加工は小ロットからでもOK

“アクセサリーチャームの加工”というと、「たくさん作らないとダメですか?」というイメージを持たれている方も多くいらっしゃるかも知れませんが、杉原産業では、決してそんなことはありません。

 

「まずは1個の試作から」という場合でも、対応できます。

 

  • ・こんな素材で作りたい
  • ・こんな色で作りたい
  • ・こんな形で作りたい
  • ・こんな大きさで作りたい

 

などなど、オリジナルアクセサリーチャームの加工・製作に関して、様々なご要望にお応えしたいと思います。

 

オリジナルアクセサリーチャームの加工なら杉原産業にお任せください!